『良い睡眠』は美人をつくる最高の美容法

まみこ
こんにちは。美容アドバイザーのまみこです(*^^*)

 

みなさん睡眠はしっかりとれてますか?

忙しくて、寝不足気味って方は

多いんじゃないでしょうか。

 

睡眠が体に大切なことや

美肌や美容に関係しているということは

聞いたことがあると思います。

 

実は睡眠はキレイと切っても切り離せないほど

大切なものなんです。

 

良い睡眠のとり方を覚えて

美肌美人になりましょう。

 

美肌ゴールデンタイムは無い!?美人になる睡眠時間とは

 

 

『美肌や健康のためには夜10時~夜中2時の間に寝ましょう』

『睡眠時間がとても大切』

という言葉、美人を目指す方なら

聞いたことありますよね?

 

美肌のゴールデンタイム

といわれるものです。

 

その時間に睡眠をとると

成長ホルモンの分泌が促されるから

良いということです。

 

夜10時~夜中2時に寝ないと

成長出来ないの?

成長ホルモンが分泌されないと

美人になれないの?

と気になってしまいますよね。

 

もじゃ
それじゃ夜勤勤務の人は美肌や健康になれないじゃないか!!

 

まみこ
でも、実はゴールデンタイムはどの時間に寝ても存在するので、夜勤の人もちゃんと美肌になれるのよ。

 

本当のゴールデンタイムとは?

 

 

睡眠が美容にとって大切だというのは

睡眠中に分泌される2種類の

ホルモンが関係しています。

 

美人になるのに欠かせない

成長ホルモンと

睡眠ホルモン

です。

 

成長ホルモンは別名

『若がえりホルモン』

と呼ばれアンチエイジングに

効果があるホルモンです。

 

もじゃ
きれいを目指す人にはうれしいホルモンだな

 

成長ホルモンは

入眠してからの3時間に最も多く

分泌されます。

 

ですから

『夜10時~夜中2時の間に寝ましょう』

というゴールデンタイムは

間違いなんです。

 

本当のゴールデンタイムは

入眠後の3時間なんです。

 

まみこ
だから夜勤勤務の人でも若返りホルモンはちゃんと分泌されるのよ

 

もじゃ
それなら何時に寝ても大丈夫だな

 

睡眠とホルモンと美人の関係

 

睡眠中に分泌されるホルモンには

美人と関係する成分が

たっぷり含まれています。

 

そのホルモンは2種類ありますが

まず一つ目成長ホルモンについて

みていきましょう。

 

『成長ホルモン』=若返りホルモン

 

入眠後3時間に一番多く分泌されるホルモンです。

 

成長ホルモンには

『疲労回復』

『細胞の修復』

などの働きがあります。

 

そして、なんといっても

美人を目指す私たちの肌にとって大切な

『ターンオーバー』を促す

役割もあるのです。

 

ですから日中紫外線や外気によって

受けたダメージを修復させたり

新陳代謝を促して

肌のターンオーバーを整えて

美肌へ導いてくれるんです。

 

ということは、美人のためには

睡眠時間が大切ってことですね。

 

ですが、ただ寝ればよいというわけではありません。

入眠後3時間はノンレム睡眠といって

深い眠りにつく時間なので

その時間に

質の良い睡眠をとるように

心がけましょう

 

ぐっすり深い眠りを摂れると

より成長ホルモンの

分泌を促すことが出来ます。

 

⇒日経ナショナル ジオグラフィック社 睡眠

 

『睡眠ホルモン』=メラトニン

 

二つ目は『睡眠ホルモン』

 

睡眠ホルモンであるメラトニンは

成長ホルモンの分泌を促すホルモンです。

 

メラトニンは夜暗くなると分泌されるので

寝る前のスマホやテレビが良くない

と言われるのはそのためです。

 

そして、睡眠ホルモンであるメラトニンには

とても高い抗酸化作用があるんです!

 

もじゃ
ということは、身体が老化しにくいわけだな!

 

まみこ
そう、アンチエイジングに睡眠が大切なのがわかってきたでしょう

 

もじゃ
寝るだけで若返るなんて、ラッキーだな♪

 

まみこ
だから睡眠をうまく取り入れることは、最高の美容法なのよ

 

でも、メラトニンをしっかり分泌させるには

昼間の生活行動が

とても重要になってくるんです。

 

 

昼間に幸せホルモンと言われる

『セロトニン』をたくさん分泌することで

睡眠ホルモンであるメラトニンを

夜にたくさん分泌させることができるんです。

 

もじゃ
セロトニンにメラニン?いや、メラトニン?ややこしいのだ~~

 

では、セロトニンをたくさん分泌して

質の良い睡眠をとるためには

どういう生活を心がけると良いのでしょうか。

 

きれいになれる睡眠のポイント5選

 

質の良い睡眠をとれると

・病気のリスクが下がる

・肌あれの改善

・シミ、しわの予防 etc…

 

など、きれいになるために良いことが

いっぱいです。

 

まみこがおすすめする

きれいのための睡眠に必要なポイントを

見ていきましょう。

 

1.朝と昼は太陽の光を浴びる

 

 

まず、朝起きてすぐに太陽の光を浴びると

体内時計がリセットされ、

身体のリズムが整いやすくなります。

 

昼間は太陽の光を浴びることによって

睡眠ホルモンの分泌を促すセロトニンが

たくさん分泌されます。

 

また、昼間に軽い運動や

体を動かすことも大切です。

 

それによって

夜睡眠中の睡眠ホルモン(セロトニン)を

よりたくさん分泌することに繋がります。

 

2.寝る前のスマホやテレビはやめましょう

 

 

寝る直前に明るい光を浴びると

睡眠ホルモンであるメラトニンが

分泌されにくくなります。

 

睡眠ホルモンは

暗くなると分泌されるので

寝る前に明るい画面を見続けるのは

良い睡眠を遠ざける行動になります。

 

⇒大原薬品工業 けんこう名探偵 セロトニンのヒミツを探る

 

まみこ
夜電気つけっぱなしで寝てしまった!なんて言うのもNGよ

 

 

もじゃ
寝る前は静かな音楽でリラックスが一番だな

 

3.まくらは大事!!

 

まくらが合っていないと

睡眠中に逆にストレスが溜まってしまいます。

 

自分の体に合っていないと

いびきや口呼吸の原因になってしまい

深い眠りにつけず

せっかくの睡眠を妨げてしまいます。

 

顎が上がりすぎていたり

首が沈み込んでいるとしたら

まくらが合っていないかもしれません。

 

一度見直してみるも

おすすめです。

 

 

4.お風呂につかる

 

特に夏場はシャワーで済ますかたも

多いと思います。

 

でも、湯船につかって体を温めると

その後体温が下がります。

 

この、体温が上がった後

下がるという状態が、良い睡眠に入っていく

ために最適な状態になります。

 

でも寝る直前にお風呂に入ると

身体が熱いままなので逆効果です。

 

寝る30分前にはお風呂から

上がっているようにしましょう。

 

 

5.寝不足

 

どれだけ睡眠に良い生活をしていても

そもそも睡眠時間を

しっかりとっていなければ

きれいには近づけません。

 

寝不足が続くと

ストレスがたまり、肌荒れなどの

トラブルが起きる大きな原因となります。

 

まずは、十分な睡眠時間を

とることを

心がけましょうね。

 

まとめ

 

 

今回は睡眠と美人の関係について

見てきましたが

いかがでしたか?

 

良い睡眠をとれば、

心も体も健康になって

きれいに近づくことが出来ます。

 

「良い睡眠」が最高の美容法

だということが

わかってもらえたでしょうか。

 

まみこ
お金をかけずにこんなに効果のある美容法は睡眠が一番といってもいいくらいよ

 

もじゃ
それくらい睡眠は大事なんだな

 

是非皆さんも質の良い睡眠を

とるよう心がけて

きれいになってくださいね。

 

無料相談受付中です

 

只今、無料相談受付中です

⇒まみこに無料で相談してみる

 

“おばさん”から”美魔女”へと

変身を遂げたまみこがおすすめする

きれいになれる商品を知りたい方も

こちらからご相談くださいね。

 

美容のお悩みもお気軽に

お待ちしてます。

 

一緒にキレイノタネを育てましょう

 

まみこ
美容アドバイザーのまみこでした(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。