スキンケアを無駄にしないポイント3選!基礎化粧品の正しい順番で美肌を目指そう

こんにちは

美容アドバイザーのまみこです(*^^*)

女性なら

ほとんどの方が毎日スキンケアをしている

と思います。

 

でも、せっかくのスキンケアが

無駄になってしまうことがあるんです。

 

たとえば、基礎化粧品。

 

使う順番を間違えると

それだけで効果が激減してしまうんです。

 

それって、化粧品代もスキンケアに費やした時間も

もったいないですよね(T_T)

 

砂時計

 

そうならないために

あなたのスキンケアを無駄にしないための

3つのポイントを覚えましょう。

 

1.スキンケアの目的を知りましょう

 

スキンケアとは

文字通り肌をお手入れすることです。

 

では、わしたちの肌は

なぜスキンケアが必要なのでしょうか。

 

その目的をしっかり理解して

スキンケアの無駄をなくしていきましょう。

 

肌は自力で回復できる

 

元々、肌は自分で健康に保つ力を

もっているのですが

 

加齢や紫外線

環境の変化

ストレスや寝不足

食生活の乱れetc…

 

色々な原因によって

肌荒れや、老化が進んでしまいます(T_T)

 

日差し

 

こういった肌の乱れを回復させ

肌の状態を健康に戻すことが

スキンケアの目的です。

 

まみこが目指す美肌とは

 

美肌と一口で言っても

どういう状態が美肌なのでしょう。

 

私、まみこが目指す美肌とは

 

まみこ

 

〇外からの刺激に負けない

バリア機能が高い健康な肌

 

〇ハリや弾力のある肌

 

〇乾燥していなく潤いがある肌

 

〇血色がよくイキイキしている肌

 

みずみずしい葉っぱ

 

このすべてがそろっていれば

最高の美肌といえますね。

 

これを目指すには

肌が生まれ変わる力と

肌の中からハリを支える力

 

がとても大切になります。

 

そのためにも正しい基礎化粧品の

使い方を覚えて、その力を最大限に

活かしましょう。

 

2.スキンケアと基礎化粧品の種類を知りましょう

 

スキンケアには大まかに分けて

3種類のケアがあります。

 

それぞれに適した基礎化粧品と合わせて

ご紹介していきますね。

 

肌の汚れを落とす

 

泡

 

しっかりとお肌の汚れを取り除くと

その後のお手入れの効果を

より高めることが出来ます。

 

*クレンジング

化粧品や、日焼け止め剤などを落とします。

 

*洗顔料

肌に残っているクレンジングや

古い皮脂、汚れなどを洗い流します。

 

*スクラブ・ピーリング

洗顔では落としきれない毛穴の汚れや

溜まった角質を落とし、肌を柔らかくしてくれます。

週に1度など定期的に使用します。

 

水分・油分・栄養を補う

美容液

潤いのある肌を保つために

欠かせません。

 

*化粧水

肌に水分を与えみずみずしく整えて

潤いを保ちます。

 

種類によって、毛穴を引き締める効果

もあります。

 

*美容液

保湿や美白、ハリなど肌のお悩みによって

使い分けましょう。

 

美容成分がたっぷりで

栄養が最もたくさん入った

基礎化粧品になります。

 

*乳液

肌の上に膜を作り

化粧水や美容液で与えた

水分や美容成分を逃さないように

保ちます。

 

*クリーム・オイル

足りない皮脂成分を補ったり

肌を乾燥から守ります。

 

3.紫外線対策・UVケア

 

日焼け止め

 

紫外線は私たちの肌にとって

大敵です。

 

紫外線を浴びると

シミやそばかす

しわ・たるみ

の原因となります。

 

しっかり紫外線から守ってあげましょう。

 

*日焼け止め

・紫外線UVA

肌の奥の真皮にまで到達し、肌の弾力を失わせ

シワやたるみが起こりやすくなります。

 

効果を表す指標として…PA

 

・紫外線UVB

シミやそばかすの原因となり

肌を黒くさせます。

 

効果を表す指標として…SPF

 

⇒参考 スキンケアナビ 紫外線の影響

 

3.基礎化粧品を無駄にしない正しいスキンケアの順番

 

朝と夜

 

正しいスキンケアの順番を知ることは

お肌にとってとても大切なことなんです。

 

基礎化粧品の効果を最大限に活かして

美肌を手に入れましょう。

 

朝と夜のお手入れに分けて

見ていきます。

 

〇基礎化粧品 【朝の順番】

 

朝

 

①洗顔料

 

洗顔料をしっかり泡立てて

肌の上を優しく滑らせます。

ゴシゴシこするのは

厳禁ですよ。

 

30~40代で乾燥気味の方は

洗顔料はつけず

ぬるま湯でながすだけでもOK!

 

まみこは30歳過ぎから

朝の洗顔料は使っていません。

 

乾燥肌の方には、

とってもおすすめの方法です(*^^)v

 

②化粧水

 

洗顔後の乾燥しやすいお肌に

水分と潤いを与えます。

 

コットンにしみこませて使う方法と

手のひらに直接取る方法がありますが

 

まみこのおすすめは

手に直接化粧水をとって

顔全体にしみこませます。

 

この時洗顔後のきれいな手で

 

最後に顔全体を

手のひらで優しく包んであげましょう。

しっかり水分が浸透します。

 

手で肌を包む

 

③乳液またはオイル

 

化粧水で与えた水分や潤いを

逃がさないようにふたをする役目です。

 

こちらも直接手に取り

顔全体に優しく塗ります。

 

朝の乳液はあまりつけすぎると

その後のメイクが崩れやすくなるので

あまりつけ過ぎないように

気をつけましょう。

 

④日焼け止め

 

日焼け止めは効き目が高いほど

肌への負担が大きいので、

普段の生活にはSPF30くらいのもの

がおすすめです。

 

顔全体にムラなく

特にTゾーンにはしっかり

ぬりましょう。

 

◯基礎化粧品【夜の順番】

 

夜

 

①クレンジング

 

メイクアップ料や、日焼け止め

をきれいに落とします。

 

たっぷりの量を使って

肌をこすらないように

手のひらで優しく落とします。

 

クレンジングで老化!?美肌美人は絶対しないスキンケアの方法

 

②洗顔料

 

夜のお手入れ時には必ず洗顔料を使って

肌に残っているクレンジング料や皮脂を

洗い流しましょう。

 

もちろんたっぷりしっかり泡立てて

肌の上を滑らすように

優しく洗いましょう。

 

ゴシゴシは✖ですよ

 

洗っちゃダメ!?美肌のためのスキンケア/正しい洗顔で生まれ変わる

 

③化粧水

 

朝のお手入れと同様

手のひらに化粧水を取り顔全体に

こすらずつけます。

 

1回に500円玉大の量を

肌に浸透させるように優しくつけます。

 

肌の表面に水分がなくなってきたら

浸透した証拠です。

 

これを最低3回は繰り返します。

 

④美容液

 

化粧水で潤った肌につけると

より吸収力が高まりまるので

必ず化粧水の後につけましょう

 

⑤乳液・オイル

 

化粧水の水分と美容液の栄養を

逃さないようにふたをする役目があります。

 

とくに乾燥肌や、30~40代の方には

オイルがおすすめです。

 

まみこはずっと

オイルを使ってます(*^^)v

 

まとめ

 

水に浮かんだ花

 

今回は、スキンケアを無駄にしないための

ポイント3選をお伝えしましたが

いかがでしたか。

 

基礎化粧品の使い方や目的を知り

使う順番に気を付けることで

効果が全然違ってくるんですよ。

 

せっかく買った化粧品や

貴重なあなたの時間を

無駄にしないためにもしっかり

順番を守ってスキンケアしてくださいね。

 

美肌を目指して、まみこと一緒に

『キレイノタネ』

を育てていきましょう

 

美容アドバイザー

まみこでした(*^^*)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。